ここから本文です

有名フクロウカフェ女性オーナーがデビューへ「自分も何かできるのではと」

スポニチアネックス 9月20日(火)15時38分配信

 有名フクロウカフェの女性オーナーが21日、東京・後楽園ホールでプロボクシングにデビューする。東京・月島で「フクロウのみせ」を経営する石井海(32=UNITED)で、アトム級4回戦でペットルークターン・モークルンテープトンブリー(17=タイ)と対戦する。

 20日に東京都文京区の日本ボクシングコミッション(JBC)で行われた前日計量を45・5キロでパスした石井は「緊張しました。全力でやるだけ。まだまだ下手なので」とはにかみながら話した。

 子供の頃に絵本で見たフクロウに憧れたという石井が12年10月にオープンさせた「フクロウのみせ」は、テレビ番組で何度も紹介された有名店。石井自身はフラダンスもしていたが、太ったことを気にしていた際にボクシング経験者の夫・伸さんが買ってきたグローブをはめて興味を持ち、1年半前にダイエット目的で近所の総合格闘技のジムへ体験入門。「打ち方を教わってやってみたら(打つ)音が良くて。気分爽快でした」と週1回通い始めたという。

 石井の心をさらに動かしたのは、国内初の世界3階級制覇を果たした藤岡奈穂子(40=竹原慎二&畑山隆則)を特集したテレビ番組。「自分がやり始めた女子ボクシングの番組を見て感動して、自分も何かできるのではと思った」。後楽園ホールで足を運び、さらに刺激を受けてプロデビューを決意。JBCに加盟するUNITEDジムへ移籍した。ベンガルワシミミズクを連れて計量会場に現れ、「(興行を)盛り上げるのに役に立てるのなら」と理由を説明した。

最終更新:9月20日(火)16時38分

スポニチアネックス