ここから本文です

沼津、八戸、奈良にJ3ラインセンス=Jリーグ

時事通信 9月20日(火)19時15分配信

 Jリーグは20日、東京都内で理事会を開き、準加盟に相当する百年構想クラブで、来季のJ3参加に必要なJ3ライセンスを申請した4クラブのうち、ヴァンラーレ八戸(青森)、アスルクラロ沼津(静岡)、奈良クラブへの交付を決めた。東京武蔵野シティFC(東京)はスタジアム要件を満たさず、見送られた。沼津と奈良は今季に続く交付、八戸は初の取得。

 交付が決まった3クラブは、今季の日本フットボールリーグ(JFL)の順位要件(JFL4位以内、百年構想クラブで上位2チーム)を満たせば、Jリーグ入会が認められる。年間勝ち点で現在首位の沼津には元日本代表FWの中山雅史(48)が所属している。 

最終更新:9月20日(火)19時21分

時事通信