ここから本文です

坂上忍 闘病中の小林麻央へ「勇気ある ずっと応援」

スポニチアネックス 9月20日(火)18時24分配信

 俳優の坂上忍(49)が20日、都内の映画館で主人公の声を担当したアニメ映画「アングル―バード」スペシャルプレビュー試写会に登壇。今年6月に体調を崩し、休養中のフリーアナウンサー小林麻耶(37)についてコメントした。

 麻耶は5月19日のフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)の生放送中に体調を崩し、そのまま休養に入った。レギュラーとして出演していた同番組も休演している。休養中はブログも休んでいたが、1日から3カ月ぶりに再開した。「ブログ再開する時に、わざわざメールをいただいて、ブログをやらせていただくことになりましたと、きっちりご報告をいただいています」と報告を受けたことを報告。「まだ大変かと思いますが、一歩一歩いつかお仕事に復帰できるように頑張っていると思うので、きょうも楽屋でスタッフさんと“ちゃんと待ってようね”に話をさせていただきました」と激励した。

 麻耶の妹で、乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央(34)はブログで「肺や骨などに転移あり」と現在のがんの進行状況明かした。「個人的に、麻央ちゃんのブログも勇気あることだと思う。応援と言ったら生意気ですが、応援する気持ちはずっと持っていたい」と話した。

最終更新:9月20日(火)18時34分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。