ここから本文です

八角理事長、豪栄道-稀勢の里戦は立ち合い注目 

日刊スポーツ 9月20日(火)20時40分配信

<大相撲秋場所>◇10日目◇20日◇東京・両国国技館

 かど番ながら無傷で白星を10個並べ初優勝に突き進む豪栄道(30=境川)と、奇跡の逆転Vで消えかかった綱取りに望みをつなぎたい稀勢の里(30=田子ノ浦)。

【写真】豪栄道10連勝も天敵?台風で悪天候「雨は嫌いや」

 ともに、この日は快勝した両大関が、11日目に激突する。過去の対戦成績は、稀勢の里が24勝13敗とリードしている。

 3日目までに平幕に2敗を喫した稀勢の里を、八角理事長(53=元横綱北勝海)は「序盤に負けて、ここまで来たのは力があるということ。精神的にも粘り強い」と評した。その上で「明日が大事」。その豪栄道との対戦を「やはり右と左のけんか四つ。稀勢の里も低く行かないと駄目だろう。今場所の豪栄道は低いからね」と立ち合いに注目し「いい相撲になると思うよ」と楽しみな様子だ。

 正面土俵下で審判長を務めた出羽海理事(48=元前頭小城ノ花)も「稀勢の里は左四つに、豪栄道は前みつを引いて頭をつけたいでしょう。2人とも調子が上がっている。楽しみな一番ですね」と期待した。

最終更新:9月20日(火)21時6分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]