ここから本文です

大谷ベストナイン「二刀流受賞」ある!投手と野手の重複投票有効に

スポニチアネックス 9月21日(水)5時2分配信

 大谷の二刀流が投票規定をも変えた。プロ野球担当記者らの投票によって選出されるベストナインの投票規定が今季から変更され、投手と野手の重複投票が認められることになった。セ、パ両リーグから選出を委嘱されているプロ野球記者会が20日、規定変更を決めた。これまで同一選手を複数ポジションに投票した場合は無効としていた。

 プロ野球記者会では、日本ハムの大谷が投手と野手の「二刀流」でハイレベルな活躍を続けていることから、投票規定も現状に合わせる必要があると判断した。

 大谷は「僕が決めることはないので。そのために(二刀流を)やっているわけではない」と意に介さなかったが、栗山監督は「凄くうれしい。一人こういう選手が出たら、多分、今の子供たちの中からこういう選手が出てくる」と話した。

 今回の変更で投手と野手の「二刀流受賞」が可能となった。ベストナインはポジションごとにそのシーズンで最も優秀だった選手をプロ野球取材歴5年以上の担当記者らの投票で決め、11月下旬に発表される。

最終更新:9月21日(水)5時3分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。