ここから本文です

「池中玄太80キロ」脚本家の松木ひろしさん死去

日刊スポーツ 9月20日(火)23時4分配信

 ドラマ「池中玄太80キロ」などで知られる脚本家松木ひろし(まつき・ひろし)さん(本名弘=ひろし)が19日午後3時20分、急性骨髄性白血病のため都内の高齢者施設で死去した。87歳。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は次男鋭人(えいと)氏。

 東京都生まれの松木さんは、テレビ局勤務などを経て脚本家に。代表作は、クレージーキャッツの映画「ニッポン無責任時代」や、「パパと呼ばないで」など石立鉄男さん主演のドラマシリーズなど。向田邦子さんとともにドラマ「だいこんの花」なども執筆、舞台作品も数多く手掛けた。

最終更新:9月20日(火)23時4分

日刊スポーツ