ここから本文です

農薬2社が経営統合へ=来年5月めど、海外事業強化

時事通信 9月20日(火)21時0分配信

 農薬大手のクミアイ化学工業と農薬原体メーカーのイハラケミカル工業は20日、2017年5月をめどに経営統合することで基本合意したと発表した。12月中に最終契約を交わす予定。農薬の素となる原体の製造から農薬の製品化、販売までを一体化し、競争力向上と海外事業の強化を狙う。

 クミアイ化学を存続会社として統合を進め、イハラケミカルは上場廃止となる方向。合併比率などは今後詰める。合併後の売上高は800億円前後となる見通しだ。

 両社はもともと一つの会社。クミアイ化学の小池好智社長は20日の記者会見で「原点に戻り、一体となって競争力や海外展開を強化する」と統合の狙いを語った。 

最終更新:9月20日(火)23時29分

時事通信