ここから本文です

【西武】山川3度目の1試合2発 今季31安打で本塁打は14本!

スポーツ報知 9月20日(火)22時54分配信

◆オリックス1―11西武(20日・京セラドーム大阪)

 西武の山川が1試合2本塁打と今季3度目の猛打賞をマークした。4回に左前打を放つと、4点リードの8回1死の場面で右中間へ13号ソロを放り込むと、9回2死一塁では左中間スタンド5階席に、2打席連続の特大14号2ラン。8月21日のロッテ戦(西武プリ)以来の、今季3度目となる1試合2発に「ホームランは意識せず、とにかく食らいついていこうと思って、打った結果がホームランになってよかったです」と喜んだ。

 この日はメヒア、浅村にも一発が飛び出したが「2人とももっと全然すごいので…。僕なんかもう食らいつくのが精いっぱいです」とはにかんだ。それでも3年目の大砲が今季31安打中、14本塁打と抜群の長打力で存在感を放っている。

最終更新:9月20日(火)23時6分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。