ここから本文です

【西武】メヒア、35号3ラン+技あり適時打で103打点!2冠へハム勢猛追

スポーツ報知 9月20日(火)22時57分配信

◆オリックス1―11西武(20日・京セラドーム大阪)

 西武のメヒアが4打点の活躍で、来日3年目にして初めて100打点を突破した。初回2死一、二塁から、プロ初登板となったオリックスの先発・青山の変化球をとらえ、左中間スタンドに先制の35号3ラン。「打ったのはフォーク。先制点を取れて良かった。これで野上も楽に投げられるね」と、7月31日のオリックス戦(京セラD)以来の先発となった右腕を強力に援護した。

 5回の2死一、三塁の第3打席では右前に技ありの適時打を放ち、この日4打点。これで今季103打点目。「点差を広げられて良かったよ」と喜んだ。

 タイトル争いでは、打点は中田に4打点差、本塁打はレアードに2本差と、射程にとらえた助っ人は「打点もホームランも同様に自分の長所と思っている。チームの勝利に貢献できる打撃が出来て良かった」と満足そうだった。

最終更新:9月20日(火)23時6分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。