ここから本文です

兵庫、長野で2人不明=愛知で車水没、女性重体―台風16号被害

時事通信 9月20日(火)22時13分配信

 20日午後6時20分ごろ、兵庫県宝塚市栄町の武庫川で、「6歳の男児が川に転落して流された」と通行人から119番があった。

 行方不明になっているのは近くに住む小学1年生の男児(6)で、県警や消防などが捜索している。武庫川は当時、台風16号に伴う降雨で増水していた。

 県警によると、男児と小学3年生の兄(8)は武庫川沿いの堤防の上でボール遊びをしていた。ボールが川に落ち、拾いに行った男児が川に転落して流されたとみられている。

 長野県大町市の湯俣川では同日午前、無職男性(66)=愛知県江南市=が流され、行方が分からなくなった。男性は16日から渓流釣りのため山に登り、下山途中だった。増水した川を渡っていた際に流されたという。

 愛知県清須市では20日午後6時半ごろ、JR線線路下を通る県道「古川アンダーパス」に貨物車が進入し、冠水した道路に水没した。運転していた会社員の女性(69)=同県あま市=が消防に救助され、病院に運ばれたが意識不明の重体。道路は台風16号による大雨で最大約3メートル冠水しており、県が通行止めにしていた。県警が詳しい状況を調べている。 

最終更新:9月20日(火)23時43分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。