ここから本文です

【U16】日本、8強入り決定!“スーパー中学生”久保建英が2戦連続2発!

スポーツ報知 9月21日(水)6時4分配信

◆U―16アジア選手権 ▽1次リーグB組 日本8―0キルギス(19日・インド)

 日本は1試合を残して準々決勝進出が決まった。FW久保建英(たけふさ、15)=F東京U―18=の2試合連続2得点などでキルギスに8―0の大勝。その後の試合でベトナムがオーストラリアを3―2で破り、すでに勝ち点6を獲得した日本の1次リーグ(L)B組2位以上が確定した。日本は22日に1次L最終戦でオーストラリアと対戦する。

 “スーパー中学生”がまたも大暴れだ。久保は前半42分、相手クリアのこぼれ球をひろうと、シュートフェイントで1人かわし利き足とは逆の右足を振り抜いてゴール。さらに後半47分にはペナルティーエリアの外から得意の左足でミドルシュートを突き刺して2点目。16日のベトナム戦と合わせて2戦4ゴールをマークし、大会得点ランクトップをひた走っている。

 8―0で大勝したチームは準々決勝進出が決定。2試合で計15得点、無失点と圧倒しているが、森山佳郎監督(48)は「一戦一戦大事に戦っていくことで、チームは成長していく。次もしっかりいい準備をしたい」と浮かれた様子はなかった。

 来年のU―17W杯の出場権を得られるのは上位4チームだけ。最も重要な準々決勝に向かう前に、オーストラリア戦も完勝して弾みを付けたいところ。久保は20年東京五輪に飛び級での出場も期待されている。まずは2大会ぶりのU―17W杯切符をつかみ「TOKYO」への道を切り開く。

最終更新:9月21日(水)6時9分

スポーツ報知