ここから本文です

知花くらら、ヨガ講師役で連ドラ初レギュラー「自分も成長したい」

オリコン 9/20(火) 6:00配信

 女優の知花くららが、フジテレビ系新ドラマ『キャリア~掟破りの警察署長』(10月9日スタート、毎週日曜 後9:00)にレギュラー出演する。昨年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』(津田梅子役、出演は最終回のみ)で本格的に女優デビューしてから、初めてつかんだ連続ドラマのレギュラー。「レギュラーとして一つの作品に関われることが、とてもうれしいです。共演する周りの方々からさまざまなことを学びつつ、自分も成長したい」と意気込んでいる。

【動画】知花くらら、連ドラ初レギュラーへの意気込みをコメント

 知花は2006年の世界大会で第2位に輝き、一躍注目されるに至った。女性ファッション誌『Domani』(小学館)のカバーモデルを7年半務め、テレビやラジオ、CMなどで活躍。WFP国連世界食糧計画オフィシャルサポーターを経て、13年よりWFP日本大使、11年に起きた東日本大震災の翌年から始めた福島の子どもたちへの復興支援活動も精力的に行ってきた。

 『キャリア』では、主人公の“掟破り”な警察署長・遠山金志郎(玉木宏)やヒロインの女性刑事・相川実里(瀧本美織)が通うヨガ教室のインストラクター・加納理香を演じる。

 柔らかそうな健康的なスタイル、ナチュラルな雰囲気の知花にぴったりなキャスティングに思えると伝えると、「実はヨガの経験がなくて。このドラマが決まってから習い始めました」とカミングアウト。その正直な感じもまた魅力的だ。「付け焼き刃ではあるのですが、さとられないように頑張りたいと思います」と目を輝かせた。

 同ドラマは、ひょうひょうとした変わり者だが、若くして警察署長に就任したエリート警察官の遠山金志郎が、事件の大小を問わず、声をあげることのできない被害者に寄り添い、悪を成敗する1話完結の刑事ドラマ。警察は市民から身近な存在であること、そして犯罪の起こらない街にすること。そんな思いを胸に、一見して警察署長とは思われない服装で街へ繰り出し、異変を敏感に察知、独特の捜査で事件を解決していく。

 知花は「玉木さん演じる警察署長が、救いを求める人々を助ける市民のヒーローとして活躍する人情味あふれるお話です。ヨガに関する“いろいろ”も観られるかもしれません。ぜひご覧ください」とアピールしていた。

最終更新:9/20(火) 16:38

オリコン