ここから本文です

朝ドラヒロイン、高畑充希から芳根京子へアンダーハンドパスでバトンタッチ

オリコン 9月21日(水)5時0分配信

 NHK大阪放送局で20日、恒例の連続テレビ小説“バトンタッチ”セレモニーが行われ、放送中の第94作『とと姉ちゃん』のヒロイン・高畑充希と、10月3日スタートの第95作『べっぴんさん』のヒロイン・芳根京子が出席。リオデジャネイロオリンピックの陸上男子4×100メートルリレーで過去最高の銀メダルを獲得した快挙にちなみ、銀色のバトンが用意され、高畑から “アンダーハンドパス”で芳根へ手渡された。

【写真】プレゼント交換でもらった品を手に

 同セレモニーで文字どおりバトンのリレーが行われたのは今回が初めて。芳根は「バトンを受け取るということは聞いていましたが、こんなきらきらしたバトン、初めて見て、すごく緊張して手汗がすごいのですが、大丈夫でしょうか? 本当に引き継がないと!という思いが改めてあります。ありがとうございます」と笑顔を見せていた。

 高畑は「自分が前回はもらう側だったのが、もう、渡す側になったんだ、という感じがします」と感慨深げ。大阪放送局制作の『ごちそうさん』(2013年)に出演していた高畑は自身の経験を踏まえ「これからもきっといろんな事があって、抱えきれない事もたくさん出てくると思います。そういう時は、ここ(大阪放送局)の人たちは皆いい人だから、いっぱい甘えて、頼って、無理な時は無理と言って、芳根ちゃんの魅力全開で張り切ってください」とアドバイスを送っていた。

 プレゼント交換では、高畑は万年筆を、芳根はブックカバーを贈った。芳根は「すごくうれしいです。台本とか、大切な人へのお手紙を書く時とか、そういう思いを込めたものを書くときに、ぜひ使わせていただきたいと思います」。高畑も「こんなにすぐリアルに使えるものが頂けるとは(笑)。名前も入って、私しか使えないからうれしいです。次の台本が必要になった時から、すぐに使います」と話していた。

最終更新:9月21日(水)5時0分

オリコン