ここから本文です

【NBA】バックス、G.アデトクンボと4年1億ドルの延長契約で合意

ISM 9月20日(火)13時35分配信

 ミルウォーキー・バックスは現地19日、フォワードのヤニス・アデトクンボとの契約延長に合意したことを発表した。事情に詳しい関係者によると、契約内容は4年総額1億ドル(約101億9,000万円)だという。

 アデトクンボはキャリア3年目の昨季、1試合平均16.9得点、7.7リバウンド、4.3アシストをマーク。身長211センチのフォワードは、リーグ屈指の万能型プレーヤーに成長し、相手チームの脅威となった。

 ギリシャ出身のアデトクンボは、2013年ドラフトで全体15位指名を受けてプロ入り。以来、毎年着実に力を伸ばしており、バックスはフォワードのジャバリ・パーカーとともにアデトクンボを若いチームの柱と考えている。

 バックスは昨季、プレーオフ進出を逃したものの、アデトクンボはポイントガードを任されたシーズン終盤にブレイク。球団史上最多となる1シーズンで5回のトリプルダブルを記録した。4月には、「4年目にはもっと大きな役目を担うことになる。ステップアップしてこのチームを引っ張る時が来た」と、リーダーとしての自覚をのぞかせていた。(STATS-AP)

最終更新:9月20日(火)13時35分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。