ここから本文です

『ケンミン』10年周年、継続の秘訣は久本雅美? みの「5年、10年頑張りたい」

オリコン 9月22日(木)6時0分配信

 タレントのみのもんた(72)と久本雅美(58)が、MCを務める読売テレビ・日本テレビ系バラエティー番組『秘密のケンミンSHOW』(毎週木曜 後9:00)10年目突入スペシャルの収録後、囲み取材に参加した。継続の秘密を聞かれたみのから「久本くんの魅力。何がすごいってよく物事を知っている。こんなすごい司会者と一緒にやれるとは。あと美しさ! 隣に立っているとドキドキします」と賞賛の言葉を送られた久本は「ちょっと結婚します! コレ目当てで!」とお金のマークを手でつくって上機嫌。10年の歴史を感じさせるような息ぴったりのやり取りで終始、笑いを誘った。

『辞令は突然に…』に出演する黛英里佳、水沢駿

 番組ではさまざまな県出身のゲストを集め、独自の食文化を徹底的に取材して紹介。転勤を繰り返す夫婦によるショートドラマ『辞令は突然に』コーナーなど“県民性”にスポットを当てた先駆け的存在となった。歴代最高視聴率としては2011年6月9日に『辞令は突然に』で山形を特集した際、YBC(山形)では44.3%を記録するなど支持を集めている。久本は「(県民性を扱う番組が)本当に増えましたよね! スタッフさんはそこには老舗の意地、プライドや気合をみせている」と力説した。

 2006年9月と2007年3月のスペシャル版2回を経て、2007年10月よりレギュラー放送がスタート。みのは「日本は狭いというイメージがあったのでネタはそのうちなくなるなと思っていた。でもそれがどんどん川ひとつ、山一つ離れただけで違う食文化がある。素晴らしい取材陣の力で掘り起こされ、それを自ら口に入れられる、体験できる。すごいなと思います」としみじみと語った。
 
 一つの区切りを迎えた番組だが、みのは今後の目標として「僕の年になると先輩をあの世へ送ることが多くなる。そのうち自分も逝くのかなぁと。そんなとき、さぁ5年、10年頑張りたいなぁと思います。80歳の僕と久本くんがこういう番組の司会を一緒にやっていたら放送文化になにかを残すかも? そういう自負はあります」とやる気十分。

 みのが「そのためには健康でいなきゃいけないし、毎晩のアルコール消毒も必要だし…」と付け足すと、久本は「矛盾してる!」と思わずツッコミ。「みのさんみたいな怪物見たことがないので全然イケるのでは? 下手したらギネス作って90歳でもシャキシャキとしゃべられてるのが目に浮かびます。高齢者が2人でやるのもアリかも」と期待を込めていた。

最終更新:9月22日(木)6時0分

オリコン