ここから本文です

テレ朝『羽鳥慎一モーニングショー』放送開始から1年で初の民放横並びトップ

オリコン 9月20日(火)15時21分配信

 テレビ朝日の朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(月~金 前8:00~9:55)が、9月第3週の週平均視聴率で、初めて民放横並びトップとなる7.7%を獲得したことがわかった。昨年9月28日の番組開始以来、まもなく1年を迎えるが、硬軟織りまぜた話題を羽鳥アナがわかりやすく解説する王道のスタイルへの支持が広がりつつあるのかもしれない。

アシスタントを務める宇賀なつみアナウンサー

 同番組は、日テレを退社しフリーとなった羽鳥慎一アナをメインキャスターに迎え、2011年春から放送されていた『モーニングバード』を昨年リニューアル。同時間帯は、NHK『あさイチ!』のみが2ケタ台で飛び抜けており、民放では8%台でフジテレビ『とくダネ!』、日本テレビ『スッキリ!!』の2強にテレ朝が猛追し、TBS『白熱ライブ・ビビット』が続く、“激戦区”状態にある。

 9月第3週の『モーニングショー』は、1週間継続して豊洲移転問題を扱った「羽鳥パネル」コーナーの放送中に横並びトップの数字を取ったほか、「PCデポ問題内部告発」などを扱った12日の月曜は8.6%の高視聴率を獲得。火曜8.2%、水曜6.8%、木曜7.3%、金曜7.7%だった。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。

最終更新:9月20日(火)15時21分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。