ここから本文です

右足骨折の道端アンジェリカ、手術終了を報告「すごく不安で緊張したけど…」

オリコン 9月20日(火)19時47分配信

 今月16日に右足首を骨折&脱臼していたモデルの道端アンジェリカ(30)が20日、自身のブログを更新し、手術が無事に終わったことを報告した。

【写真】ベッドから手術終了の報告をした道端アンジェリカ

 道端はこの日の午後1時半頃に「手術へ行ってきます」とブログで明かし、同19時半過ぎに「3時間半の手術無事終わりました」と報告。「すごく不安で緊張したけど、、、支えてくださったみなさまありがとうございました」と手術直後の心境をつづった。

 所属事務所によると道端は16日午後、東京・渋谷にある馴染みの美容室へ向かう途中、降雨の影響でスリップし転倒。以前から雨の日はヒヤリとする場所だったという。転倒後は自力で動けず救急車を呼び、そのまま入院となった。

 17日にSNSを通じて「足首の脱臼と三果骨折とゆう3箇所の骨折をしてしまいました。足首の骨折の中ではかなりの重症だそうです。その結果、手術を受けなければいけないことになり、しばらくお仕事をお休みしなければなりません」と発表。翌18日に出演予定だった『関西コレクション2016A/W』への出演を見合わせた。

 三果骨折は足首の内果、外果、後果の3ヶ所が骨折する重傷。来週前半に手術を受け、経過が良ければ10日程度で退院する見込み。退院後は受けられる仕事から活動を再開するが、全治までは2ヶ月かかるという。

最終更新:9月20日(火)20時1分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。