ここから本文です

NY中心部爆発 オバマ米大統領「テロの恐怖に屈しない」

産経新聞 9月20日(火)9時7分配信

 【ワシントン=青木伸行】オバマ米大統領は19日、ニューヨーク市で声明を発表し「テロの恐怖に屈しない。(容疑者に)裁きを受けさせる」と述べ、引き続きテロに立ち向かう決意を強調した。

 ニューヨーク市とニュージャージー州でのテロの影響は、開催中の国連総会に及んでいないと指摘。「テロリストは罪のない人を傷つけ恐怖をあおり、われの生活様式を壊そうとしている。しかし、(テロが)米国民の生活を弱体化させることはない」と強調した。

 また「全米であらゆるレベルの治安当局が、テロを防ぎ安全を確保するため一致団結し取り組んでいる」と、対テロの努力に理解を求め、国民に冷静さを維持するよう呼びかけた。

 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)に対する掃討作戦については「彼らの後を追い、指導者らや経済基盤、支配地域を排除し続ける」と改めて強調した。

最終更新:9月20日(火)9時7分

産経新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。