ここから本文です

北朝鮮核実験 米中首脳、対北朝鮮連携強化で一致 中国の国連安保理決議案同調なお不透明

産経新聞 9月20日(火)9時44分配信

 【ワシントン=青木伸行】オバマ米大統領と中国の李克強首相は19日、ニューヨークで会談し、ホワイトハウスによると、先に北朝鮮が核実験を強行したことを非難し、朝鮮半島の非核化へ向け「国連安全保障理事会における協力の活性化」を含め、連携を強化することで一致した。

 米政府は国連安保理の新たな対北朝鮮制裁決議案について、北朝鮮との石炭や鉄鉱石の国際取引に対する規制を強化し、資産凍結と渡航禁止の対象を拡大することなどを模索している。

 関係筋によると、米中はすでに、決議案をめぐる協議を非公式に開始している。だが、現時点で中国は決議案に賛成するか、態度を明確にしていない。首脳会談でオバマ氏は、決議案のとりまとめと採択への協力を求めたが、李氏が同意したか不明だ。

 日米韓が独自制裁も模索しているのに対し、中国は「問題の解決にならない」として、6カ国協議など対話による解決を目指すべきだとの立場も示している。

 両首脳は、米中間の「相違を狭める」ことも確認したが、これには南シナ海問題のほか、北朝鮮をめぐる基本的な立場の違いが含まれるとみられる。

最終更新:9月20日(火)9時44分

産経新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。