ここから本文です

錦織、初のレーシングスーツ姿でイベントに「楽しい」/テニス

サンケイスポーツ 9月20日(火)14時28分配信

 リオデジャネイロ五輪テニス男子単の銅メダリスト、錦織圭(26)=日清食品=が20日、支援を受ける自動車メーカー、ジャガーのイベントに出演。あいにくの雨の中、東京・台場の特設コースをレーシングスーツ姿で走り、「楽しい」と笑顔を見せた。

 初めて着たというレーシングスーツに「気持ちが引き締まりますね」と錦織。“初めて”について聞かれ、「五輪で初めてメダルを取った瞬間はとてもうれしかった。五輪で得た自信、経験値はすごく大きく、成長の糧となった」と、リオでの得難い経験を振り返った。

 イベントは同社の「ジ・アート・オブ・パフォーマンスツアー」日本初開催を記念。錦織が挑戦した「スマートコーン・チャレンジ」はコーンの上部に点滅する光のガイドに沿って走ることで、コーンに装備された電子機器が速さのほかコース取りやコーナリング時の加速などを計測。得点化するものだ。「運転は好きな方。得意な方ではないけど楽しみ」と、ジャガーが新発売したSUV「Fペース」に乗ってコースに臨んだ。

 後席に座ったインストラクターの指示を受けながら走行。「まだ頭がクラクラするけど楽しかった。短いコースだけど出だしの加速がよく、カーブもしっかり曲がってくれた」と堪能した様子。得点は2万6679点と表示されたが、司会から「どうですか」と聞かれて「基本のポイントが分からないので…」。F1ドライバーのロマン・グロージャン(フランス=ハース・フェラーリ)の初挑戦得点が4万9000点あまりと聞かされて苦笑いしていた。

最終更新:9月20日(火)14時28分

サンケイスポーツ