ここから本文です

普天間移設訴訟 鶴保沖縄北方担当相「振興策、進んだり淀んだりしない」

産経新聞 9月20日(火)12時19分配信

 鶴保庸介沖縄北方担当相は20日午前の記者会見で、国が全面勝訴した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐる訴訟が、沖縄振興策へ与える影響について「判決を見て(振興策が)進んだり、よどんだりすることはない」と述べた。

 県側の主張が退けられた判決に対して沖縄県の一部に反発が広がっていることについては「(反発が)判決の結果に影響するようならば、法治国家の意味がない」と指摘し、国と沖縄の双方に判決に沿った手続きを進めるよう求めた。

最終更新:9月20日(火)12時19分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。