ここから本文です

雨でハンドル取られた?車ガードレールに激突、運転男性投げ出され死亡 中国自動車道

産経新聞 9月20日(火)12時36分配信

 19日午後6時ごろ、兵庫県三木市吉川町福吉の中国自動車道下り車線で、男性6人が乗った乗用車がガードレールに衝突。60歳くらいの男性が道路に投げ出され、頭などを強く打ち死亡が確認された。ほかの5人にけがはなかった。

 兵庫県警高速隊は自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で、車を運転していた京都府福知山市、会社員、赤井洋哉容疑者(20)を現行犯逮捕。事故当時、雨が降っていたといい、赤井容疑者は「ハンドルを取られた」と容疑を認めているという。高速隊は死亡した男性の身元確認を急いでいる。

 高速隊によると、6人は同市内の会社の同僚で、兵庫県西宮市内の工事現場で仕事をした後、会社に戻る途中だった。現場は片側3車線の直線道路で、乗用車は右端の追い越し車線を走行中にハンドルを取られ、そのまま左側のガードレールにぶつかったという。

最終更新:9月20日(火)12時36分

産経新聞