ここから本文です

マドンナJAPAN、熊崎コミッショナーに5連覇を報告

サンケイスポーツ 9月20日(火)16時35分配信

 9月に韓国・釜山で行われた「第7回WBSC女子野球ワールドカップ」で、大会5連覇を果たした侍ジャパン女子代表「マドンナジャパン」が20日、東京都港区の日本野球機構(NPB)事務局を訪問し、熊崎勝彦コミッショナーに優勝報告を行った。

 ヤクルト・川端慎吾内野手の妹、川端友紀内野手は「兄にお祝いで食事に連れていってもらい、おめでとうと言ってもらった」、大会MVPの里綾実投手は「テレビ中継もあり、現地でも多くの人が応援してくれた」と話した。

 第1回大会から連続出場のキャプテン・志村亜貴子外野手は「世界のレベルを上げていきたい」と意気込み、大倉孝一監督も「コミッショナーから10連覇することは歴史を作ることだといわれ、勇気づけられた」と話した。

最終更新:9月20日(火)16時35分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報