ここから本文です

安藤キャスターはポケモンNO? 3連休のお台場、ラプラス出現でパニックに

サンケイスポーツ 9月20日(火)17時45分配信

 フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜後1・45)は20日、17日からの3連休、スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」で希少なポケモンが出現したお台場周辺がパニックになったことを報じた。

 番組では、「ポケモンGO」でゲットできる希少なポケモン「ラプラス」が17日からの三連休、お台場周辺に出現。各地から大勢のプレーヤーが集結し、混乱が生じた様子を報じた。大勢の人だかりができ交差点の真ん中を埋め尽くす人々や交差点で立ち往生する車の間を行き来する人や自転車。レインボーブリッジに繋がる道路では大勢の人が集まり車道にまではみ出し、違法な路上駐車で、バスが通れないなど問題点を挙げた。

 これには同番組で司会を務める安藤優子キャスター(57)も「昨日、お台場の出口でずっと高速(道路)から降りられなくて、すごい時間がかかって頼んだお昼の麺が伸びちゃった」と苦言。同じく司会の高橋克実(55)から「ポケモンNOですね」と振られると「そう」と同意していた。

 火曜日パネラーのサバンナ・高橋茂雄(40)は、実際ポケモンGOをプレーしているため「ラプラスが出たらパニック起こす気持ちを分かってください。それくらい希少な物なんです」と力説。実際に現れると言われる場所に行っても目当てのポケモンがゲットできるわけではなく「どのタイミングでどこに出るか分からない。一回出たら15分で消えるんですよ。15分以内にラプラスのところ行かないとゲットできない」と説明した。

 しかし安藤キャスターから「ラプラスを取ったらいいことがあるんですか?」と突っ込まれると「それ言われたら、僕は(プレーを)辞めてしまう」と理解を得られずお手上げ状態。それでもめげずに「安藤さんはテニスがお好き。例えば、錦織圭のサインが15分以内にあそこに行けば貰えるみたいなことですよ」と例えるも安藤キャスターは苦笑いを浮かべるだけだった。

最終更新:9月20日(火)17時57分

サンケイスポーツ