ここから本文です

乳がん闘病中の小林麻央さん「肺や骨などに転移あり」 ブログで明かす

産経新聞 9月20日(火)16時5分配信

 乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さん(34)が20日、自身のブログ「KOKORO.」を更新し、がんが肺や骨などに転移していることを明かした。

 「告知日」と題した投稿で、麻央さんは「診察室に入った時の先生の表情で、『陽性だったんだな、癌なんだな』と分かった」と、乳がんを告知された日のことを回想。「心の準備は意外とできており、冷静に先生のお話を伺った。この時点では、まだ脇のリンパ節転移のみだった。(その後、現在肺や骨などに転移あり)」と続け、転移していることもつづった。

 ブログには読者からの投稿も多く寄せられ、「つらいけど頑張ってる麻央ちゃんえらいよー!骨と肺にも転移してたんだね… 隠さず書いてくれてありがとう。我慢もたくさんしてるよね」や「ここまで書いてくださったこと その勇気に感謝いたします」など麻央さんの勇気ある告白を肯定するコメントが見られた。

 麻央さんは近況報告と並行して、がんが判明したときの様子について、ブログで少しづつ振り返っており、19日の投稿では「かすかな望みはもちたいもの。生検の先生は、95%癌だと言ったけれど、結果をみたら、残りの5%だったということもあるはず。そうだ!そうだ!脇のしこりだって、何か菌が入ったのかも!きっと、そうに違いない!」などと当時の心境をつづっていた。

最終更新:9月20日(火)16時5分

産経新聞