ここから本文です

「中之島まつり」5人重軽傷事故 書類送検の実行委員長らを不起訴 大阪地検

産経新聞 9月20日(火)17時14分配信

 大阪市北区で昨年5月、「中之島まつり」でやぐらが倒れて5人が重軽傷を負った事故で、大阪地検は20日、業務上過失傷害容疑で大阪府警に書類送検された同まつりの男性実行委員長(53)とやぐらを組み立てた男性(50)を不起訴処分(起訴猶予)としたと発表した。処分は15日付。地検は処分理由を明らかにしていない。

 府警は今年5月、会場で鉄パイプ製のやぐらを設置した際に足場を固定するなどの安全対策を怠り、やぐらが風にあおられ転倒して50~70代の男女5人に重軽傷を負わせたとして2人を書類送検していた。

最終更新:9月20日(火)17時14分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。