ここから本文です

第88期棋聖戦予選トーナメント 村田顕弘五段が2次予選進出

産経新聞 9月20日(火)17時55分配信

 進行中の第88期棋聖戦1次予選【ヘ組】で村田顕弘五段が2次予選進出を決めた。千田翔太五段に続いて2人目の2次予選進出への名乗り。

 1次予選2回戦から登場した村田五段は有森浩三七段、矢倉規広七段を破り、決勝で藤原直哉七段を下した。

 富山県魚津市出身の30歳。平成11年、中田章道七段門下で奨励会入会。19年に21歳で四段に昇段した。師匠と同じく詰将棋の創作でも有名。2次予選の1回戦はシードされ、2回戦で山崎隆之八段-畠山鎮七段の勝者と対戦する。

最終更新:9月20日(火)17時55分

産経新聞