ここから本文です

覚醒剤所持容疑 小学校非常勤教員を逮捕 三鷹市

産経新聞 9月20日(火)18時5分配信

 ホテルで覚醒剤を持っていたとして、警視庁王子署は覚せい剤取締法違反容疑で、東京都三鷹市立小の非常勤教員、山田宜裕容疑者(57)=武蔵野市=を現行犯逮捕した。同署によると、容疑を認めている。

 山田容疑者は40~50代の男3人と一緒におり、同署は4人を同時に現行犯逮捕した。4人の逮捕容疑は18日午後6時半ごろ、台東区のホテルの客室で、粉末状の覚醒剤若干量を所持していたとしている。覚醒剤は4袋に分けられており、同署が4人の関係性を調べるとともに、尿鑑定や入手経路の捜査を進める。

 三鷹市教委は20日、「今後厳正に対処する」とのコメントを出した。

最終更新:9月21日(水)8時3分

産経新聞