ここから本文です

基準地価 最高は11年連続で「明治屋銀座ビル」 3300万円はリーマン前以来

産経新聞 9月20日(火)19時23分配信

 地価の最高地点は11年連続で東京都中央区銀座2丁目の「明治屋銀座ビル」。1平方メートル当たり3300万円はリーマン・ショック前の平成20年7月時点(3千万円)を上回った。訪日外国人旅行客の増加を見込んだ再開発や店舗需要が旺盛で賃料上昇が続く。

 明治屋銀座ビルは昭和59年から調査対象で平成2~3年に過去最高の3800万円に達した。バブル崩壊後は大手町などのビジネス街に首位を明け渡したものの18年から返り咲いた。

 今回の基準地価では銀座以外にも訪日客需要が見込める地点の上昇が顕著だ。外国人でごったがえす大阪・ミナミ、赤い鳥居がネットで訪日客の評判を呼んでいる京都・伏見は軒並み上昇率が25%を超えた。

最終更新:9月20日(火)19時23分

産経新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。