ここから本文です

ジミー・ペイジ、ヤードバーズ作品のリストアを計画

BARKS 9/21(水) 19:38配信

ジミー・ペイジは、レッド・ツェッペリンに続き、ヤードバーズのバックカタログのリストアを計画しているそうだ。

◆ジミー・ペイジ画像

週末、UKのデジタル・ラジオ局Planet Rockの番組に出演したペイジは、こう語った。「ヤードバーズのメンバー達と連絡を取っている。近いうちに会いたいと思っているんだ。そして、僕が持っている素材をどこまで出せるか検討する。できれば、全てがいい。でも、まだみんな全部を聴いていないからね。彼らは特定のサンプルしか聴いていないが、耳にしたものにはすごく興奮している」

「ヤードバーズ最期の時期、ほとんどは僕らが一緒だった最後の年にやったものだ。クロスオーバーな種類のものだよ。僕は(リストアを)やりたい、彼らと一緒にやりたくて仕方ない。全員が関与することになるだろう。実現できることを本当に願っている。上手く行く自信があるよ」

ペイジは現在、レッド・ツェッペリンの『BBC Sessions』(1997年)の再リリース盤(9月16日英国発売)をプロモート中。ツェッペリンだけでなくヤードバーズの話も飛び出したが、彼は過去ばかりを振り返っているわけではない。詳細は明かさなかったが、2017年にニュー・バンドとツアーを行ないたいとも話した。

Ako Suzuki

最終更新:9/21(水) 19:38

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]