ここから本文です

グリーン・デイ、病気によりツアー最初の数公演を延期

BARKS 9月21日(水)19時39分配信

ニュー・アルバム『Revolution Radio』のリリースに先駆け、火曜日(9月20日)から北米でクラブ・ツアーを行なう予定だったグリーン・デイが、メンバーやクルーが体調を崩し、最初の数公演を延期することになった。

◆グリーン・デイ画像

日曜日(18日)、「残念ながら、グリーン・デイは、バンド(・メンバー)とクルー数人の具合が良くなく、ツアー最初の3公演を延期し、トロントでの出演をキャンセルしなくてはならなくなった」との声明を発表した。

メンバーは「僕らの多くは、ここ数日、準備を進めたいとこの感染症と闘ってきたが、勝てなかった」とコメントしている。

セントルイス(20日)、シカゴ(21日)、デトロイト(24日)の3公演は、追って振替日を発表するという。23日にトロントで開かれる<World Cup Of Hockey Fan Village>への出演はキャンセルされた。

病名や症状についての詳しい説明はなされていない。現在のところ、ツアーは26日に始まる予定。

グリーン・デイの12枚目のスタジオ・アルバム『Revolution Radio』は10月7日に世界同時リリースされる。

Ako Suzuki

最終更新:9月21日(水)19時39分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。