ここから本文です

保土ヶ谷バイパスで5機関連携訓練

tvkニュース(テレビ神奈川) 9月20日(火)13時35分配信

日本一の交通量を誇る横浜市の保土ヶ谷バイパスで多重事故が起きた際のスムーズな対応を確認しようと、バス事業者を含む5つの関係機関が合同訓練をおこないました。

この訓練は、1日およそ16万台という日本一の交通量を誇る保土ヶ谷バイパスで、乗用車3台が絡む事故が発生し、緊急停止したバスにトラックが突っ込んだ想定で行われました。きょうは、地元の警察や消防、医療機関と国土交通省、それに初めて参加するバス事業者の5つの関係機関が連携。バスの乗客を誘導したり重機などを使って車内に閉じ込められた人を救助したりする流れを確認し、およそ1時間のうちに20人ほどを救助して渋滞緩和に繋げていました。

tvkニュース(テレビ神奈川)

最終更新:9月20日(火)13時35分

tvkニュース(テレビ神奈川)