ここから本文です

無限、「新型フリード/フリード+」用“大型スポーツグリル”など各種パーツを発売

オートックワン 9/20(火) 12:08配信

無限は、ホンダ 新型「フリード/フリード+」の各種パーツを開発・発表し、9月16日(金)より順次販売開始した。

【写真】新型「フリード/フリード+」無限パーツ一覧

「フリード/フリード+」用無限パーツは『ADVANCED STYLE』をコンセプトに、「先進的」「個性的」といった要素を重視するユーザーに向けて、ボディ同色の大型フロントスポーツグリルを始めとしたスタイリッシュなエアロパーツや、目付量の多い生地を採用したスポーツマット、奥行き感があり口径を大きく見せるアルミホイールなど、「フリード/フリード+」の延長線上に描くスタイルを具現化させるパーツをラインナップしている。

エクステリア

エアロパーツは、スタイリッシュでスポーティなデザインとした。ボディ同色の大型フロントスポーツグリル、上質なラインにワイド感とスポーティ感をバランスさせたフロントアンダースポイラーと実用性も兼ね備えたサイドスポイラーを設定。

「フリード(FF/4WD)/フリード+(4WD)」には新たな技法を取入れスーパーGT車両を彷彿とさせるデザインの薄型フィンを採用したリアアンダースポイラーを、「フリード+(FF)」は全体のバランスを崩さずロングテールゲートの実用性を損なわぬようデザインしたテールゲートガーニッシュをそれぞれ設定した。

機能系パーツでは、「フリード(FF)/フリード+(FF)」それぞれに専用設定としたスポーツサイレンサー、切削面とスパークリングガンメタリックポリッシュ塗装のデザインで力強く奥行き感のあるアルミホイール「MD5」といったパーツを設定し、デザインにこだわるユーザーも満足できるパーツをラインナップした。

インテリア

インテリアパーツでは、目付量の多い生地と無限ロゴエンブレムを採用し、好評の「ブラック×レッド」のデザインを採用したスポーツマット、スポーツラゲッジマットをそれぞれ設定。カーボンセレクトノブやカーボンドアミラーカバーなどスポーティさをよりアピールするパーツも用意した。

この他、LEDをシーケンシャルタイプとしたハイドロフィリックLEDミラーやレーシングエンジン部品と同じように、マシニングマシンで切削加工を行うチタンエンブレムやナンバープレートボルトなど、無限ならではのデザイン・機能面でこだわりぬいたパーツラインナップとなっている。

最終更新:9/20(火) 12:08

オートックワン