ここから本文です

19歳ズベレフ 2回戦進出、第1シードは全米覇者ワウリンカ<男子テニス>

tennis365.net 9月20日(火)11時16分配信

サンクトペテルブルグ・オープン

男子テニスツアーのサンクトペテルブルグ・オープン(ロシア/サンクトペテルブルグ、ハード、ATP250)は19日、シングルス1回戦が行われ、第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)がK・カチャノフ(ロシア)を7-6 (7-3), 6-4のストレートで下し、2回戦進出を果たした。

【錦織破ったワウリンカ 逆転時の心境】

2回戦では予選勝者のD・メドウェデフ(ロシア)とA・Bublik(ロシア)の勝者と対戦する。

19歳のズベレフは、今年5月のニース・コート・ダジュール・オープン(フランス/ニース、レッドクレー、ATP250)と6月のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)で決勝進出を果たしているが、タイトル獲得まであと一歩届いていない。

また、敗れた20歳のカチャノフは、今年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)2回戦で錦織圭(日本)から1セットを奪う健闘を見せた。

今大会の第1シードは全米オープンを制したS・ワウリンカ(スイス)、第2シードはM・ラオニチ(カナダ)、第3シードはT・ベルディヒ(チェコ共和国)、第4シードはR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第5シードはズベレフ、第6シードはA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)、第7シードはV・トロイキ(セルビア)、第8シードはJ・ソウサ(ポルトガル)。

上位4シードは1回戦免除のため、2回戦からの登場。

昨年は決勝でラオニチがソウサをフルセットで破り、優勝を飾っている。

tennis365.net

最終更新:9月20日(火)11時16分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]