ここから本文です

419日ぶりにJリーグ出場を果たしたFC東京MF石川「思ったより冷静にピッチに入れた」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月20日(火)9時0分配信

チームも終盤に決勝弾

19日に開催されたJ3リーグで、負傷により長期離脱を余儀なくされていたFC東京MF石川直宏が419日ぶりにJリーグのピッチに立った。

2015年7月29日に行われたベガルタ仙台戦以来、負傷により戦列を離れていた石川だが、19日のJ3リーグ第22節ブラウブリッツ秋田戦では、FC東京U-23の一員としてベンチ入り。0-0で迎えた66分から投入され、Jリーグの舞台では419日ぶりの出場を果たした。また、試合も終盤にMF水沼宏太がネットを揺らし、1-0で勝利を収めている。

試合後、復帰を果たした石川は66分からの出場を振り返り、「思ったより冷静にピッチに入れた」とコメント。「正直、試合に出るまでは何が起こるか分からない状況だった。ドキドキしながらこの日を迎えた。とにかく諦めずにやってきて良かった。まだまだスタートラインに立っただけ。もっとチームに貢献していきたい。今日はゴールもアシストもしたかったけど、まずはピッチに立てて良かった」と語っている。Jリーグ公式サイトが伝えた。

怪我を乗り越えピッチに戻ってきた石川。今度はゴールやアシスト、そしてトップチームでの復帰が期待される。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月20日(火)9時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]