ここから本文です

大怪獣が全日本プロレスに襲来しカシンに激怒

バトル・ニュース 9月20日(火)0時25分配信

 19日、後楽園ホールにて行われた全日本プロレス『第4回王道トーナメント【準決勝・優勝決定戦】』。その第3試合で行われた諏訪魔vsケンドー・カシンの試合後、突如として大怪獣モノが襲来した。

 『大怪獣モノ』は2016年に公開された飯伏幸太が主演の映画であり、鈴木みのるや赤井沙希も出演している。この大怪獣モノとケンドー・カシンはイベントでシングルマッチが決定していたが、その試合が雨で中止されるとモノの卵を強奪。そのまま王道トーナメントに出場し、毎回大事に自軍コーナーの見える位置に置いていた。
 諏訪魔のアンクルホールドでタップし王道トーナメントを敗退したカシンだったが、突如会場に怪獣の鳴き声が響き大怪獣モノが襲来。大怪獣モノは卵が入っているであろうタオルを剥がすと、中に入っていたのはラグビーボール!
 モノは激高し腕を振り回すとカシンを探すが、カシンはすでにバックステージへ。大怪獣モノはカシンを追い全日本の会場を後にした。

 その頃カシンは「セコンドが誰も来てくれないからなぁ。冷たいよな、はぐれのやつらは。こうなったら新しいはぐれのメンバーをさがすしかない。・・・いる!ひとりいる!新しいメンバーが。決まったら皆さんに披露します」と大怪獣モノには一切触れず新メンバーの追加を予告して足早に会場を去っていった。

最終更新:9月20日(火)0時25分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。