ここから本文です

『Hyper Reality』から考える「ポストVR」時代、人間の認知はどう更新されるのか?

SENSORS 9月20日(火)17時0分配信

ロンドン在住のUI/UXデザイナーKeiichi Matsuda氏によって製作された映像作品『Hyper Reality』をご存知だろうか?
2016年5月に公開された6分間のこの作品は、VR/ARが当たり前になった世界の中で生活する女性を主人公にしたもので、公開当初から世界中でVRと社会に関する活発な議論を巻き起こした。VR元年と呼ばれ久しい昨今、VRデザイナーであり、メディアアーティストでもあるゴッドスコーピオン氏とともに、この作品の中でVR/ARが普及しあらゆる人々の生活が一変した未来の光景を紐とくことで、私たちがいま置かれている状況について考えていく。その中で「ポストVR」とも呼べる時代の生き方や、私たちの世界の見方にどんな変化が起こるのだろうか。

右脳思考”と”左脳思考”の融合「テクニカルアーティスト」の仕事

作者であるKeiichi Matsuda氏は映像作家及びVRのUI/UXデザイナーとして、 過去にはLeap Motion、Microsoft (with Arcade)、Sony Japanなど、今まさにVR領域の開発に携わっている会社とともに仕事をしている。また、 建築環境に置けるテクノロジーの利用及び人間の知覚の影響についても研究を行っており、世界でもまだ数少ない VRのUI/UX設計、デザインのスペシャリストと言えるだろう。今回の映像作品『Hyper Reality』は、2013年から開始したKickstarterのプロジェクトとして、個人的に製作したものである。

翻って、今回この作品をとりあげ「ポストVR」とは?ということについて解説してもらうのは、ファッション向けVRプラットフォーム「STYLY」の開発者の1人ゴッドスコーピオン氏だ。 ゴッドスコーピオン氏はVRを用いてファッション×テクノロジーの分野で活躍する一方で、現代の魔術師として、オカルティズムの観点からテクノロジーを用いた人間の認知の更新に挑戦しているメディアアーティストでもあり、これまでに音楽に合わせたVR空間ジョッキー『Spacial Jockey』や現代魔術師のバンギ・アヴドゥル氏との共作でVR儀式作品など様々な作品を発表している。
今回は自身が積極的に取り組むVRの分野について、『Hyper Reality』という作品がもたらした未来予測的なイメージを一つ一つひもときながら、VRが当たり前のように使用されるようになった未来の私たちの振る舞いについて語ってもらった。

1/4ページ

最終更新:9月21日(水)14時42分

SENSORS