ここから本文です

NY連続爆破 アフガン移民のラハミ容疑者とは?

BuzzFeed Japan 9/20(火) 19:33配信

米ニューヨーク市とニュージャージー州の連続爆破事件で、連邦捜査局(FBI)などは9月19日、アフマド・カーン・ラハミ容疑者(28)の身柄を拘束した。5件の殺人未遂の容疑がかけられている。アフガニスタン生まれでアメリカ国籍を持っていた容疑者は、どのような生活を送っていたのか。【BuzzFeed Japan / 溝呂木佐季】

19日朝、ニュージャージー州リンデンでの銃撃戦の末、ラハミ容疑者は身柄を拘束された。

ニューヨークのビル・デブラシオ市長は「テロ行為だ」と断定。「他に容疑者はいないとみられる」と話した。

FBIのウイリアム・スゥイーニー副長官は「どのように過激思想に染まっていたかはまだわからない」と述べている。

アフガニスタンから

ラハミ容疑者は、アメリカ国籍を持っている。1988年1月23日、アフガニスタンに生まれた。NBC Newsによると、7歳のときに家族とともにアメリカに亡命したという。

2005年、ラハミ容疑者の父親は4万5千ドル(約460万円)の債務を抱えて個人破産している。そのときの書類によると、父親はすでに離婚していたが、8人の子どもがいた。

ラハミ容疑者が1年のときに通った高校の同級生、ハキーム・エズへアリーさん(27)はBuzzFeed Newsの取材に「とても面白くて、クラスのお調子者だった。誰とも仲良くやって、とても親切なやつだった」と話した。

ラハミ容疑者が同級生たちと冗談を言い合ったり、スポーツの話をしたりするのを思い出すという。

「数年後、こんなことをするなんて、思いもしなかった」

Fox Newsによると、ラハミ容疑者は高校で知り合った女性(26)との間に娘がいる。この女性は、容疑者は養育費を払っていなかったと話しているという。

また、この女性はFox Newsに対し、容疑者は西洋の文化に苛立っていたと話す。
「故郷はどう違うかをよく話していました。アフガニスタンにはホモセクシュアルはいないとも。あるとき(容疑者が)娘とテレビを見ていて、画面に(軍の)制服を着た女性が映ると『これはとても悪い人だよ』と言っていました」

「アメリカ文化とは距離を置いているようでしたが、こんな一線を越えるとは思いませんでした」

1/2ページ

最終更新:9/21(水) 0:14

BuzzFeed Japan