ここから本文です

いま手に入る未来。iPhone 7/7 Plus:ファーストインプレッション

ギズモード・ジャパン 9月20日(火)15時10分配信

最近、未来を2つ手に入れました。

私事ですが、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「Apple Watch Series 2」が発表されたApple(アップル)のイベント当日・2016年9月8日(木)、次女が生まれました。そういえば2年前のイベントのころも第一子の予定日が近くてドキドキしていたのですが、今回は完全に重なりました。

妻から破水の連絡があったのがイベントの終盤。ギリギリ最後までストリーミングを見て会社を飛び出して病院へと向かい、出産に間に合うことができました。母子ともに健康で、娘はすくすくと(妻の実家で)育っています。これがひとつ目の「未来」。

もうひとつの未来

いきなりプライベートな話をしてすみません。そしてもうひとつの未来が「iPhone 7/7 Plus」です。

僕が買ったのは「iPhone 7 Plus」。iPhone 6のときは無印にしましたが、6sでPlusに。もうこうなると戻れません。しかも、今回はデュアルレンズになったので、迷いはありませんでした。

カラーバリエーションはブラックとジェットブラックを含めた全5色。外観の基本コンセプトはiPhone 6から踏襲されています。

新色のジェットブラックの仕上げは溜息がでます。裸で使うひとはメガネ拭きが手放せなさそうですが。

動画はこちら:https://www.facebook.com/gizmodojp/videos/1181253411938975/
(ジェットブラックをアンボックスした動画の後半で耐水性能を試しています。)

iPhone 6からの基本コンセプトを踏襲しながらも、いままで待ち望んでいた耐水性能をついにそなえました。ということは、かなり周到に用意されたシナリオだったということです。この筐体をベースに耐水を実現しようというゆるぎない思いがあったはず。そういう意味では「iPhone 7/7 Plus」はある種の到達点を迎えたといっても過言ではないでしょう。

1/3ページ

最終更新:9月20日(火)15時10分

ギズモード・ジャパン