ここから本文です

貯まりっぱなしの楽天ポイントどうしてますか? 「Edy」に交換して罪悪感なくコンビニで買い物をしよう

マネーの達人 9月20日(火)5時19分配信

貯まりっぱなしの楽天ポイントをEdyに交換してコンビニの買い物をタダにする方法をお伝えします。

コンビニで買い物しない人から毎日コンビニに行く人に変化

コンビニで買い物することは、節約生活ではタブーとされています。わたしも長年コンビニを日常使いしたことはなく、もっぱら出先で臨時に利用するお店という感覚でした。

一人暮らしをしてた20代の頃ですら、海外旅行やファッションにお金をかけるために日々の生活は節約していましたので「コンビニでお茶とか買わない人」と評価(?)されていました。

ところがこの数年、パートで働くようになってから毎日コンビニに行くようになりました。節約と健康のためにお弁当は持っていくのですが、休憩時間にコーヒーやデザートがほしくなるのです。

会社のまわりにはコンビニがいっぱい。一回の買い物は100~400円程度ですが、回数が多いとムダづかい気分で罪悪感が…。

そこで、現金を使わずにコンビニで買い物する方法を取るようになりました。お金を使わず毎日コーヒーが買えることで、オトク感を満喫しています。

楽天ポイントをEdyに交換してコンビニで使う

わたしはけっこうな楽天ユーザーです。Amazonやロハコも使いますが、一番長く愛用している楽天グループに愛着を持っています。

決して楽天でたくさん買っているほうではないと思いますが、メイン使いのクレジットカードが楽天カードで、連携した楽天銀行も使っていることもあり意識しなくても毎月勝手に楽天ポイントが貯まります。

貯まったポイントは、楽天で買い物をするタイミングだったら支払いに使いますが、通常は楽天Edyに交換しています。

交換方法はとても簡単で、10ポイント以上から1ポイント(1円)単位で交換申請し、「ファミリマート」や「サークルKサンクス」の店頭端末でシャリーンと受け取るだけ。

このEdyチャージを行うようになってから、コンビニで買い物することがとても気楽になりました。休憩中のコーヒータイムに1円も自腹を切ってないと思うと、うれしくなって仕事もますますがんばれます。

楽天ポイントから交換したEdyで買い物してもまたポイントがつく

楽天Edyを使うと、200円毎に1ポイントの楽天ポイントが付与されます。あまり大きい金額にはなりませんが、もともと楽天ポイントだったことを考えるといいサービスだなと思います。

楽天ポイントをどう使うかはユーザーのライフスタイルによって一番いいものを選ぶとよいと思いますが、一案として楽天Edyに交換して使うのもオススメです。

コンビニだけではなくさまざまなお店でEdy決済ができるので、使う機会がないということはありませんよ。(執筆者:野原 あき)

最終更新:9月20日(火)5時44分

マネーの達人