ここから本文です

「世界に一つだけの花」が影響与えた曲1位に、タモリも感心「やっぱSMAPなんだね」

MusicVoice 9/20(火) 18:59配信

 テレビ朝日系音楽特番『30周年記念特別番組 MUSIC STATION ウルトラFES 2016』が19日放送され、「日本に影響を与えた曲ベスト100」の第1位にSMAPの「世界に一つだけの花」が選ばれた。1月にSMAPの独立騒動が持ち上がって以来、ファンを中心にSMAP楽曲の購買行動が起こっているが、その中心的楽曲を担うのが同曲。司会のタモリは「やっぱSMAPなんだねこれ~、1位はねえ」と感心した様子で話し、ネット上でも「なんか泣きそうになりました」「色とりどりの花が咲き誇る名曲だと思います」などと、歓喜の声が巻き起こった。

 この日の放送は、昼12時から夜22時前の約10時間にわたる長丁場。その中のコーナーとして、「日本に影響を与えた曲ベスト100」が随時発表され、3位が宇多田ヒカル「Automatic」、2位が坂本九さん「上を向いて歩こう」、そして、第1位にSMAP「世界に一つだけの花」が選ばれた。

 番組では、「世界に一つだけの花」を選んだ一般人の声を集めたVTRも流れ、そこでは「おばあちゃんとか、そういうの興味なかったのに、この歌はええ歌だって言って、泣きそうになりながら聴いていて、泣きそうになりました私も」「(発売して)そこから2~3年間くらいはずっと卒業式とか、何かしらの行事ごとで歌われました」「教科書に載ってもおかしくない歌だなって思います」「『世界に一つだけの花』ですかね。この歌詞の中に、それぞれ違うあれがあるって歌詞にあったじゃないですか、だからほら、アイデンティティーが人それぞれにあるっていう考えですよ。まさに自分にちょっとぴったりだなって」といった声が紹介された。

 また、SMAPが2013年3月7日に「世界に一つだけの花」を、Mステで初めて歌唱した際のVTRも映し出され、司会のタモリは「やっぱりSMAPなんだねこれ~、1位はねえ」と感心した様子で話した。

 この結果を受けて、ネット上は歓喜に沸いた。「日本に影響を与えたランキング、花が1位って発表されたの嬉しかった」「きっとそうだと思っていたけど、発表された瞬間、なんか泣きそうになりました」「おめでとうございます!! これからも花摘みます!!」「1位がSMAPで分からないけど涙が止まらなかった。色んな思いが溢れたんだろうね…」「ファンじゃない多くの方々の心に響き、届いた方の心で色とりどりの花が咲き誇る名曲だと思います」などの声がSNS上に続々と投稿された。

 Mステでは、昨年の『MUSIC STATION ウルトラFES』において、「世界に誇れるニッポンの歌 BEST100」を紹介しているが、その時の1位もSMAP「世界に一つだけの花」だった。そのためファンからは「勇気をくれて、影響を与えて、世界に誇れる、こんなに必要とされてるひとたちがいるかな」とSMAPの功績に賛辞を送り、「タモリさんの『やっぱSMAPなんだねこれ、1位はね~』タモリさんの『やっぱ』て言葉嬉しい!」との声も挙がった。

 ただ、この日、SMAPの出演はなく、「1位なのにね…出ていてほしかったなぁ…」「タモさんの近くで歌うSMAP観たかった」「タモリさんも本人たちに直接おめでとうと言いたかったのではないでしょうか」などと、その不在を嘆く声も多数寄せられている。

最終更新:9/20(火) 18:59

MusicVoice