ここから本文です

コロンビア和平協定大詰め、半世紀に及ぶ内戦に幕

ロイター 9月20日(火)15時3分配信

 南米コロンビア政府と反政府左翼ゲリラ組織「コロンビア革命軍」の半世紀以上に及ぶ内戦終結に向けた最終交渉が続くなか、混乱の終結と同時に新しい生命の誕生を待つ1人の女性ゲリラ兵士がいる。
 ゲリラ組織に身を投じて19年、36歳になるタチアナさんは現在妊娠6か月で、12月に第2子の出産を控えている。「この子が生まれる頃には、平和になっていて欲しいですね」と語る。
 和平協定は、9月23日に予定されている第10回会談の終了を待って、26日に正式に調印される手筈になっており、10月2日には和平協定承認のための国民投票が行われる。

(コロンビア、カルタヘナ、9月19日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)

最終更新:9月20日(火)15時3分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。