ここから本文です

【保存版】うちの子にはいくらかかるの?小学生~大学生までの教育費

ベネッセ 教育情報サイト 9/20(火) 17:00配信

わが子の成長や将来の可能性を広げるために、ベストな進路を用意してあげたいと願う一方で、「教育にいくらお金がかかるの...?」と不安を抱いているおうちの方がたくさんいらっしゃると思います。例えば、義務教育である中学校を卒業して高校に進学すると、選んだ進路によってそれぞれのご家庭で必要になる支出はまったく変わってきます。

では、それぞれ異なる進路を進んだ場合の教育費には、どれくらいの違いが出るのかを見てみましょう。

私立は公立よりも、3倍多くかかることも

公立高校を選ぶのか、私立高校を選ぶのかで、入学金の時点から30万円以上の差が出てきます。さらに大学進学時の国公立・私立や文系・理系の選択によっては、その差はさらに広がります。

これは一例ですが
・公立高校→国公立大文系に進学...7年間で約256万円
・私立高校→私立理系に進学...7年間で約780万円
という試算もあります。

※Webサービス<教育マネーみつもり君>より算出。教育費のみの場合。塾などの校外学習は除く。
※右図は算出イメージです。上記のシミュレーション結果を示すものではありません。
 
シミュレーションによると、高校、大学で公立を選ぶか私立を選ぶかによって、支出金額に約3倍の差が生まれています。今回は純粋な教育費のみから算出しているものなので、塾や予備校、家庭教師、通信教育、受験料など、様々な出費を含めて換算すると、ここからさらに金額に違いが出ることになります。

教育費を確保するために必要なことは...

 お子さまにどのような教育を施すのか、またどのような進路を希望するのかを想定し、小学校~大学にわたる長期的なお金の流れを把握しておくことで、将来の貯蓄の準備を始めることができます。年ごとの支出を細かに算出すれば、どの時期で大きなお金が動くのかも明確になるので、教育費以外の支出との兼ね合いも考えながらの計画が可能です。まずは大学までの教育費をシミュレーションすることから始めてみましょう。

↓くわしくは、こちらのサイトで! <教育マネーみつもり君>
お子さまが小・中学校から大学卒業までにかかる教育費を簡単にチェックできます。

http://chu.benesse.ne.jp/open/oya/shindan/money/

ベネッセ 教育情報サイト

最終更新:9/20(火) 17:00

ベネッセ 教育情報サイト