ここから本文です

鍵盤数を思いのままに。モジュール式MIDIキーボードが「KOMBOS」資金調達中

ギズモード・ジャパン 9/20(火) 19:10配信

鍵盤を足して引いて。

スタンダードなMIDIキーボードは、少ないもので25鍵、多いもので61鍵といった風に鍵盤数がわかれており、プレイヤーの用途や演奏スペースなどに応じて選ぶのが一般的です。自宅の作業環境ではフルキー(88鍵)、ライブでは37鍵といった具合。

しかし、フルキーを持って外を移動するのはかなりの重労働。もし用途に応じて、MIDIキーボードの鍵盤数を変えることができたら……。そんな夢をかなえてくれたのが、「KOMBOS」。鍵盤の増設を可能とした革新的なMIDIキーボードです。

まず12鍵と13鍵からなる基本ユニットがあり、それらを分離させることで間に12鍵のモジュールキーボードを増設できるという仕組みです。かなり物理で解決するスタイルですが、これによって49鍵盤のMIDIキーボードをカバンに詰め込めるという、今まででは考えられなかった取り回しの良さが可能となっています。

基本ユニットにはピッチベンドやモジュレーションホイール、ディスプレイなどの端子周りが付属し、鍵盤はアフタータッチやベロシティにも対応。Bluetooth通信もイケるので、スマホやタブレットのミュージックアプリを鳴らしてもよし。無論、MIDIケーブルでお好きな音源やインターフェースとつないでもよしです。

多鍵盤のMIDIキーボードを手軽に持ち運べるというのが一番の特性ですが、省スペース性を活用して自宅スタジオで用途に応じて伸長するのも良さそうです。

現在(9月8日時点)、資金を調達中で、25鍵は139ドル、37鍵は199ドル、49鍵は249ドル、61鍵は299ドルの投資から手入ります。

source: Kickstarter

(ヤマダユウス型)

最終更新:9/20(火) 19:10

ギズモード・ジャパン