ここから本文です

予選突破の波形純理は本戦勝利ならず [広州/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 9/20(火) 14:14配信

「広州国際女子オープン」(中国・広州/9月19~24日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、波形純理(伊予銀行)はレシヤ・ツレンコ(ウクライナ)に4-6 1-6で敗れた。試合時間は1時間4分。

波形が大前を破って初優勝、ダブルスとの二冠を達成 [島津全日本室内]

 今大会には予選の第9シードで出場した波形。1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のKwan Yau NG(香港)を6-1 6-3で、続く予選決勝では田中優季(メディカルラボ)を6-3 6-2で下して本戦入りを決めていた。

 ツレンコは2回戦で、第4シードのクリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)とニギナ・アブドレイモワ(ウズベキスタン)の勝者と対戦する。

 ダブルスには波形がハン・シンユン(中国)と、田中はリー・イーホン(中国)とのペアで出場している。

 広州国際女子オープンはWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

日本人選手予選結果

【予選決勝】

○16波形純理(伊予銀行)[9] 6-3 6-2 ●14田中優季(メディカルラボ)

------------

【予選1回戦】

○16波形純理(伊予銀行)[9] 6-3 6-2 ●15Kwan Yau NG(香港)[WC]

○14田中優季(メディカルラボ)6-2 1-0 Ret. ●13ジャン・ユーシャン(中国)[4]

●3江藤奈緒子(JAPAN Tennis Players Production)[WC] 0-6 1-6 ○4ソフィア・シャパタバ(グルジア)[7]

------------------------

【ダブルス1回戦組み合わせ(日本人選手)】

4ハン・シンユン/波形純理(中国/伊予銀行)vs 3リュウ・チャン/ルー・ジアジン(中国)

7リー・イーホン/田中優季(中国/メディカルラボ)vs 8ジェニファー・ブラディ/アリソン・リスク(アメリカ)

------------------------

【上位出場選手シード順位(シングルス)】

サラ・エラーニ(イタリア)[1]
エレナ・ヤンコビッチ(セルビア)[2]
アナ・コニュ(クロアチア)[3]
クリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)[4]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9/20(火) 14:14

THE TENNIS DAILY