ここから本文です

台風16号 室戸岬を通過 徳島県で1時間約120ミリ以上の猛烈な雨

ウェザーマップ 9月20日(火)10時54分配信

 台風16号の影響により、西日本では太平洋側を中心に非常に活発な雨雲がかかっている。気象庁は20日午前に徳島県内で猛烈な雨が降ったとみられるとして、記録的短時間大雨情報を発表した。

◆記録的短時間大雨情報
<午前10時半まで>
 阿南市付近  約120ミリ
 小松島市付近 約110ミリ
<午前11時まで>
 徳島市付近 120ミリ以上
 石井町付近 約110ミリ
 神山町付近 約110ミリ

 記録的短時間大雨情報は、数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測または解析したときに、現在の降雨がその地域にとって災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量であることを知らせるために発表される情報。

◆台風16号は室戸岬を通過

 台風16号は午前11時頃に室戸岬付近を通過したとみられる。台風はこの後も北東に向かう見込みで、進路にあたる西日本、東日本では、太平洋側を中心に引き続き猛烈な雨の降るおそれがある。大雨による土砂災害、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に厳重な警戒が必要だ。

最終更新:9月20日(火)11時31分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。