ここから本文です

リオ五輪 競泳女子日本代表 酒井夏海選手が市長を訪問

テレ玉 9月20日(火)22時59分配信

リオデジャネイロ・オリンピック競泳女子日本代表、さいたま市立土合中学校の酒井夏海選手が清水市長を訪ね、大会での結果を報告しました。

酒井選手は日本代表選手中最年少で、20年ぶりに中学生での出場を果たし、女子100メートル背泳ぎの予選に登場しました。第7レーンでオリンピックデビューを果たした15歳は、「緊張に押しつぶされてしまった」と自己ベストから1秒以上遅い不本意な記録にとどまり、予選を突破することが出来ませんでした。
20日、さいたま市役所を訪れた酒井選手。オリンピックでの戦いを振り返るとともに次回大会への意気込みを語りました。
これを受け清水市長は「今回の経験を糧に選手としても人間としても大きく成長してほしい」と話し、「スポーツ特別功労賞」の賞状とトロフィーを贈りました。

テレ玉

最終更新:9月20日(火)22時59分

テレ玉