ここから本文です

“52%勝つ”浅野を異例と褒める独メディア「前監督はこの日本人を全く欲しがらなかったが……」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月20日(火)12時2分配信

ゴールはなかったものの……

華麗な技巧派FWは今、アーセナルではなくシュツットガルトで武者修行中の身だ。日本代表FW浅野琢磨が17日にブンデスリーガ2部、第5節のカイザースラウテルン戦に先発出場し、可能性を感じさせるプレイを披露した。

加入後初となるスターティングメンバーに名を連ねた“ジャガー”こと浅野は、2トップの一角として起用されると78分までプレイし、そのポテンシャルが地元メディアを大いに満足させた。独紙『Stuttgarter Zeitung』は試合後、日本の快速アタッカーの働きぶりについて「この新加入FWは注目する必要があるかもしれない。スピードやテクニックに優れ、終始そのクオリティを見せつけていた」と絶賛。また独『LIGA ZWEI』もアーセナルからやってきた若き日本代表を次のように評している。

「ゴールは決めなかったが、このゲームで素晴らしい才能を示している。ヨス・ルフカイ前監督はこのアーセナルからの新入りの日本人を全く欲しがっていなかったものの、オラフ・ヤンセンは早速スタメンで使うことになった。浅野は左サイドでプレイするよりも第2のFWとしてプレイした方が良さそうだ」

「とりわけ1対1の場面で最高のドリブル技術を見せていた。攻撃的な選手としては異例となる対人勝率52%を記録し、相手を何度も困らせてることに成功している。ヤンセン監督も彼にハグすることでそのプレイを労っていた」

浅野のプレイスタイルを分析し、同選手がより活きるであろうポジションを提言した同メディア。加入してまだ間もないが、早くも快速ドリブラーはその存在価値をアピールすることに成功したようだ。もちろん彼がいつの日かイングランドプレミアリーグの舞台でアーセン・ヴェンゲル監督を唸らせてくれることを期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月20日(火)12時16分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]