ここから本文です

“交通事故最多”の愛知県、「ながらスマホ運転」事故防止プロジェクトでコメダのクーポンゲット!

オートックワン 9/20(火) 16:30配信

トヨタとコメダ(珈琲店)とKDDIは、愛知県における「ながらスマホ運転」による事故の低減を目指し、9月20日からスマートフォンアプリ「Driving BARISTA」を活用した取組みを開始する。なお、自動車メーカー、通信、飲食が連携してアプリを活用した交通安全の取組みを実施するのは、日本国内初の試みとなる。

このニュースのフォトギャラリー

愛知県では、平成27年の人身事故件数が44,369件発生するなど、交通事故の低減が課題となっている。そういった状況下、愛知県では「交通事故死亡者数13年連続全国ワースト」という汚名を返上すべく、在名メディア10社が中心となり、「AICHI 脱ワースト」と冠したプロジェクトが8月2日にスタートし、トヨタ、KDDIも協賛している。また、自動車運転中の携帯電話使用等違反の検挙数についても、県内で50,101件発生しており、「ながらスマホ運転」の増加も問題となっている。

今回、2016年秋の交通安全週間(9月21日~9月30日)に合わせ、トヨタ、コメダ珈琲店、KDDIが共同で同プロジェクトを開始。誰でも参加しやすい形の運転事故低減につながる啓発活動に取り組むことで、愛知県内の交通安全を推進していく。

スマホアプリ「Driving BARISTA」とは?

「Driving BARISTA」は、愛知県内で利用できる、「ながらスマホ運転」防止を目的としたアプリ。スマートフォン本体の傾きを判定するジャイロセンサーや移動距離を判定するGPSを活用したアプリとなっている。

運転中にスマホ画面を伏せた状態の走行距離を計測し、走行した距離が100km分蓄積されると、「珈琲所コメダ珈琲店」にてブレンドコーヒーまたはアイスコーヒーと交換できるクーポンを入手できる。

独自の調査では、運転中にスマートフォン操作をしたことがあるとの回答が約6割あり、その約半数が片手運転をしていると回答しており、同アプリでは運転中のスマートフォン操作防止の意識を高めることが出来る。

1/2ページ

最終更新:9/20(火) 16:30

オートックワン