ここから本文です

丸鉄鋼業、今期扱い量5%増目標 拡販展開し地域密着加工

日刊産業新聞 9月20日(火)11時25分配信

 丸鉄鋼業(本社=名古屋市港区、井桁幸保社長)は今期(2017年6月期)、扱い量で前期(16年6月期)に比べ5%増を目指す。本社は機械、配電盤、鋼製家具などの新規開拓や既存顧客の深掘りを行う一方で、浜松支店(浜松市中区)は地域密着で数量維持を図る。人員については近く、中途で1―2人採用するとともに、来年4月入社で営業・事務要員として新卒4人の採用を計画している。

最終更新:9月20日(火)11時25分

日刊産業新聞